" /> 大江戸温泉物語Premium汐美荘:プレミアムサービスを体験! | 花屋のふーさんブログ
*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

大江戸温泉物語Premium汐美荘:プレミアムサービスを体験!

こんにちは

ふーさんです!

 

今回はプレミアムシリーズの宿の大江戸温泉物語Premium汐美荘のご紹介します。

プレミアムになる以前にも宿泊したので違いも紹介していきます。

スポンサーリンク

大江戸温泉物語とは?

大江戸温泉物語は全国に温泉をメインした施設を展開している会社です。北は宮城から南は九州天草まで、ホテルが35ヶ所あります。

大江戸温泉物語のTAOYAとプレミアムとは?

大江戸温泉物語は従来の宿を3つのシリーズに分類することになりました。

⚫2019年より展開しているTAOYAブランド。オールインクルーシブの宿になります。

⚫2023年より展開しているPremiumシリーズ。ラウンジサービスが利用できる宿になります。

⚫そして従来の宿となります。

プレミアムシリーズはオールインクルーシブのTAOYAと従来の宿の中間のような位置づけです。プレミアムラウンジの利用とバイキングのランクアップがあります。

スポンサーリンク

大江戸温泉物語Premium汐美荘のプレミアムサービス

今回宿泊した大江戸温泉物語Premium汐美荘の実際のプレミアムサービスをみていきます。

今回Premiumの宿に転換する時にラウンジ等を和モダンに改装もされているようです。

お部屋にあるリーフレットに掲載されているサービスは以上です。

暖炉ラウンジ

ロビーから一段降りた海を眺められるところにラウンジがあります。

14:00から22:00までソフトドリンクの他にアルコールも楽しむことができます。TAOYA秋保ではビールは2種類でしたが、こちらは1種類。酎ハイ・ハイボールは同じです。

冷たいソフトドリンクのほかにコーヒーマシンとさまざまなフレーバーのティーバッグがあります。

7:00から10:00まではソフトドリンク・コーヒーとなります。

スナックは14:00から22:00まではチョコとドライフルーツとミックスナッツ。7:00から10:00まではミックスナッツはありません。

大江戸温泉物語は現在、お部屋でのお菓子の提供はありません。

ラウンジの入り口にその日の日の入りが表示されています。

日本海側の宿といえば夕日も魅力です。こちらのお宿はお部屋以外でもラウンジや露天風呂で夕日を楽しむことができます。ただ、前回は11月、今回は10月でしたが曇で見ることはかないませんでした。

湯上がりコーナー

1F内風呂の入り口⚪のところにアイスキャンディーがおかれています。

提供は15:00から22:00までです。

バイキングのランクアップ

バイキングのランクアップはなかなかわかりずらいところもありますが。以前と違っているところは2つぐらい。

まず1つめは夕食ローストビーフ

従来のステーキの他に、カッティングしてのローストビーフが提供されます。

ローストビーフとステーキを並べてみるとこんな感じです。やや硬めですが悪くはありません。カットはやや厚めです。

2つめは夕食のアイス

大江戸温泉物語では前から期間限定だったり、施設によったりでハーゲンダッツが提供されてきました。プレミアムではハーゲンダッツが通年食べられるようです。提供は夕食時のみです。フレーバーは施設などで変わることがあるようです。今回はストロベリーとグリーンティーでした。

ちなみにソフトクリームは夕食も朝食も食べることができます。

その他の夕食は

期間が限られますがカニ。お刺し身やマリネなどのスターターに適しているものたちです。最近の大江戸温泉物語の特徴の様々な長角皿はあまりありませんでした。色鮮やかな小鉢もなかったですね。

こちらはパスタやピザの洋風なものでお腹にたまる系です。

寿司や天ぷらなどのバイキングのド定番ものももちろんあります。

 

タレかつや鮭チャーハンなど新潟らしいものもありますね。

何軒か大江戸温泉物語に行くと、こんな感じが定番というように思えます。

プレミアムとは関係ないのかもしれませんが、朝食時に自動パンケーキマシーンが導入されていました。多少待ちますがボタン1つでパンケーキが焼き上がります。

その他の朝食は

大江戸温泉物語の朝食といえば「のっけ丼」です。ご飯が好きな方は好みの具材で楽しめます。

朝食はパン派の方にはソーセージにスクランブルエッグ、それにサラダを合わせる感じです。

デザートやラーメンもあります。

「のっけ丼」は大江戸温泉物語の朝食の定番。小柱・ねぎとろ・イカなどが定番。季節により若干具材が変わったりします。オクラやとろろなどもあり温玉なども組み合わせることができ、変化も楽しめます。その他はよくある定番のおかずが並ぶ感じです。

 

スポンサーリンク

感想

大江戸温泉物語の通常の宿、TAOYAは以前泊まりました。今回Premiumの宿に泊まっての感想をあげてみたいと思います。

ラウンジサービスがメイン

通常の宿との大きな違いはラウンジサービス。チェックインの待ち時間から湯上がりそして就寝前まで、ドリンクやアルコールを楽しむことができます。他にマッサージ機やアイスキャンディーの提供などもありますが、このラウンジサービス目玉だと思います。Wi-Fiも飛んでいるのでラウンジでゆっくりとも良いのかもしれませんね。早めに宿に入れば仕事もできちゃいます。

TAOYAとの違い

TAOYAはオールインクルーシブで、ラウンジサービスの他にレストランでもお酒が無料で楽しめます。セルフで、提供されているものは高い銘柄では無いですが、通常頼む飲み放題よりは種類は多めのような気がします。

その他に麺類の夜食が提供されます。

提供されれるものもラウンジではシューアイスがあったり、ビールが2種類あったり種類も増えます。

 

プレミアムの宿では、従来の宿泊料金に約3,500円プラスとなるようです。お酒をあまり飲まない方は食事の際の飲み放題はいらないでしょうから、プレミアムでも良いのかもしれません。逆にお酒大好きな方はチェックインから23時までずっとお酒を楽しめめるTAOYAが良いのかもしれません。もちろん予算と相談ということにもあるのですが。

以前の汐美荘の記事は

TAOYAについては

皆さんも一度体験してみてはいかがでしょう?

予約は

こちらがオトクなプランがあったりします。

 

どうも

ふーさんでした!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました