" /> 村上市大江戸温泉汐美荘:バイキングのお宿で食事を満喫する! | 花屋のふーさんブログ

村上市大江戸温泉汐美荘:バイキングのお宿で食事を満喫する!

こんにちは

旅行も大好きふーさんです!

 

今回は大江戸温泉物語汐美荘に泊まりましたのでレポートしたいと思います。

ad

大江戸温泉物語とは?

大江戸温泉物語は全国に温泉をメインした施設を展開している会社です。北は宮城から南は九州天草まで、ホテルが35ヶ所・日帰りや宿泊可能温泉施設などが5ヶ所あります。

お宿の売りは「温泉」と「バイキング」です。

ad

大江戸温泉物語汐美荘の基本情報

大江戸温泉物語汐美荘は新潟県村上市の瀬波温泉にあるお宿になります。大江戸温泉物語としては2020年7月にオープンしました。

TEL 予約0570-032268 受付時間 9:00〜19:00 ナビ検索用0254-53-4288
住所 新潟県村上市瀬波温泉2-9-36
駐車場 有り 100台

岩船港鮮魚センターのほうから来るとY字路の左折は曲がりきれないと思いますので、少し村上市内に走ってから左折が無難でしょう。

料金の目安 (標準客室 / 1名様1泊2食付バイキングプラン / 消費税別)

 大人4名様1室利用 8,980円~
大人3名様1室利用 9,980円~
大人2名様1室利用 10,980円~
小学生 大人料金の70%
3歳以上幼児(寝具有) 大人料金の50%
3歳以上幼児(添寝) 大人料金の35%

料金は部屋タイプ・お日にち・人数により異なり、この料金は一番安い平日の標準客室の料金です。料金はカレンダーで7段階に分かれています。

ad

大江戸温泉汐美荘の施設情報

大江戸温泉汐美荘の施設内容をご紹介します。

客室

バスの運転手さんが泊まるシングルを除いたほぼ全室がオーシャンビューになっています。

今回は8階の部屋でしたので、なかなかいい眺めでした。

窓からは日本海を望むことができます。夏はここで海水浴ができます。

大江戸温泉物語は予め布団敷きがされています。3名での利用でしたので狭い感じはしませんが、座卓が隅にあるので、お茶を飲んだりがすこし不便です。

客室の設備

お部屋はバス・トイレ・洗面所ありのタイプです。

広さは普通ですね。洗面所も2人並んで歯が磨けたりするのでOKでしょう。

部屋にはジアイーノが置いてあります。なお、衛生上のため水は自分で入れるようになります。

また、短いながら電源タップがあり、充電などに対応しています。ちょっとした気遣いがいいですね。5人とかに泊まると電源の取り合いになりますからね。

不満といえば座卓ぐらいなので、満足度は高いと思います。

風呂

瀬波温泉は明治時代に石油堀削中に噴出したのが始まりだそうです。源泉の温度は95℃のナトリウムー塩化物泉です。大江戸温泉物語汐美荘もいくつかある源泉の1つを使っています。

日本海を見渡せるように一直線に浴場が配置されています。

夜と朝で浴場の男女が入れ替えられるということは無いようです。このスリッパを自分で管理するシステムはいいですね。帰りに履いてきたスリッパが置いた場所に無く、誰が履いたかわからないものを履かざるを得ない事態を防げます。他人の肌が触れたものを履くのは嫌ですしね。

内風呂・露天は加水(適温調整)で循環のようですが、トロっとした肌に良さそうなお湯です。

引用:https://shiomiso.ooedoonsen.jp/onsen/

一人しか入れませんが、源泉かけ流しの浴槽もあります。2つある貸切風呂もかけ流しのようですね。

引用:https://shiomiso.ooedoonsen.jp/onsen/

条件が揃えば、こんな夕景をみながら湯に浸かることもできるようです。

ad
ad

大江戸温泉物語汐美荘の食事

やはりお宿に泊まったら楽しみは食事です。

大江戸温泉物語汐美荘の食事は夕食朝食ともバイキングです。

夕食の紹介

手指消毒後案内されて着席します。

食事を取りに行くときはビニール手袋とマスク着用(着用しないで行くと注意受けます)ビニール手袋は会場のいたるところに置かれています。

各テーブルにビニール手袋を入れる箱があり、料理を取りに行くたびにビニール手袋を交換するよう案内がされています。

では いろいろ取ってみましょう。

大江戸温泉物語のバイキングは季節や地域なのでテーマが変わりますが、今回はイタリアンフェアでした。

まずはお酒のアテに小鉢あたりを狙います。

カルパッチョやアボカド使ったものなど、イタリアンらしさを感じさせますね。

これを一旦席に持ち帰り、お酒を頼みにいきます。

席は90分間利用できますが、お酒は飲み放題にすると60分間なので、ツマミを確保してからお酒を頼むのがいいと思います。

こちらはお酒の注文はアルコールのカウンターまで取りにいくシステムです。はじめに、部屋の鍵についてるICタグを読み取って伝票を発行。おかわりの時はこの伝票を掲示します。

ほとんどの大江戸温泉物語がそうですが、アルコールを飲む人数で飲み放題を注文できます。今回は(ほぼいつもですが)ふーさん1人だけ飲み放題を注文しました。

お酒で喉を潤したら、また料理を取りにいきましょう。

ビニール手袋でグラスを持つと滑りやすいので注意が必要です。

 

やはりバイキングの魅力はライブキッチンです。いろいろ取ってみましょう。

この日はピザ・ステーキ・天ぷら・寿司・海鮮の焼き物などがありました。やはり海側の宿などで海鮮がメインになりますね。

お寿司の他に盛り込まれたお刺身もあります。魚はちらし寿司のマグロを除き、鮮度や質は悪くないように感じます。

洋風が好みの方にはバイキングの定番のグリル系・パスタもあります。

こちらはお子様向けコーナーです。エビフライポテトなどの定番が並びます。たまに、お子様向けコーナーで「大人の方はご遠慮ください」とか掲示している所もありますが、こちらは年齢制限無しです。

食事の際は炭水化物!という方にはお寿司の他にわっぱ飯白飯カレーもできます。お米は新潟県産コシヒカリで、質はなかなか良かったです。

「野菜もとらなんきゃいけませんよ」という方はこちらのサラダコーナー。夕食にはロマネスコ。朝食にはサラダチキンなどがでていて、なかなか充実しています。

女性が気になるデザートはこんな感じです。フルーツを挟んで右に洋。左に和。

ソフトドリンクコーナーのところにアイスとソフトもあります。ソフトは3種類ありました。ソフトドリンク・お茶・コーヒーなどは追加料金なしで飲み放題です。

夕食時にふーさんは飲みに走ってしまいあまり食べられないのですが、こちらは品数が多く普通の方なら全メニュー制覇は無理でしょう。メニューも和洋中とバランス良くあって、お魚好きでもお肉好きでも満足できるものになっています。また、どんな年齢層でも大丈夫だと感じました。

朝食

朝風呂を頂いてから朝食が我が家のパターン。夕食の会場への入り方と同じ手順を踏んで着席します。

昨日のお酒(ビールからいろいろ7杯ほど)の影響でお腹があまり空いてませんがとってみましょう。

朝食の目玉は最近いろんな宿でも増えてきたのっけ丼です。サーモン・ネギトロあたりがメインの具になりますね。

のっけ丼を中心に、サラダと新潟名物のっぺ汁と温泉卵で、まずは「いただきます!」

朝食は夕食より素材が劣るのはどのお宿でもあることです。海鮮も夕食よりは少し落ちる気がしますが許容範囲でしょう。夕食と朝食のどちらにも唐揚げがあったのですが、夕食は竜田揚げ風で美味しかったですが、朝食は既製感。そんな感じですね。

和風系のおかずでは焼鮭と鶏の味噌焼きあたりを。卵焼きや焼売あたりも既製のものでしょうね。

洋風のものはスクランブルエッグ・ソーセージ・ベーコンあたりの定番が並びます。真ん中は極太ナポリタンです。見慣れた感じのメニュー構成ですが、大きく当たらないが外しもしないというところでしょう。

朝食のオープンキッチンでは麺類を作ってくれるのですが、ラーメンとうどんを選べます。もちろん冷凍麺に業務用スープですが、朝にあたたかい麺類はありがたいです。

「朝はパン パンパパン」という方にはパンもあります。

もちろん朝食でもデザートがあります。ソフトが朝食でも食べられるのも珍しいですね。

朝食はのっけ丼の他にもセルフで作れるお茶漬けなど、最近の流行を外していないメニュー構成です。そして定番のおかずがそれを支える。種類も結構あり悪くはない朝食だと思いました。

 

ad
ad

大江戸温泉物語汐美荘のおすすめポイント

ふーさんなりの大江戸温泉物語汐美荘のおすすめポイントをあげてみます。

立地

瀬波温泉のほとんどの宿がそうでしょうが、海に面していて、しかも宿からすぐ砂浜に行ける立地は良いと思います。夏は海水浴が楽しめるでしょうし、他の季節でも天候が良ければ夕景を楽しむことができます。

その立地を活かすために、1Fの浴場・2Fのレストラン・3Fのロビーなどがすべて海に面するように設計されています。

多彩な料理

大江戸温泉物語の宿の価格帯は大体4つに別けられ、こちらのお宿は上から2番目あたりの価格帯に入ります。その価格帯のバイキングなので料理の種類も豊富ですし、質も満足できる方だと思います。

気遣い

部屋にある電源タップや浴場でのスリッパの扱いなど、ちょっとしたことなのですが、お客の不満を消していこうという感じが見て取れます。大江戸温泉物語の宿はここで9軒目ですが、今回はそのへんに関心させられました。

 

バイキングの宿は肉が食べられない相方でも、お魚があまり得意でない子もOK。しかも、ふーさんのような酒ありきの人間でも楽しめます。たしかに料金の高い会席料理の宿も魅力ですが、バイキングの宿にはバイキングの宿なり良さがあります。

 

皆さんも

一度バイキングの宿をいかがでしょう?

 

どうも

酒飲みふーさんでした!

汐美荘旅館 / 村上駅岩船町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました