" /> 山形市伊・食・旬イガッタ:箸で食べるイタリアンでディナーした! | 花屋のふーさんブログ
*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

山形市伊・食・旬イガッタ:箸で食べるイタリアンでディナーした!

こんにちは

ふーさんです。

 

今回はお箸でいただく創作イタリアンのお店、伊・食・旬 イガッタをご紹介します。

スポンサーリンク

伊・食・旬 イガッタの基本情報

伊・食・旬 イガッタは山形駅近くにあるイタリアンレストランです。

 イガッタ
TEL  023-646-5376
住所  山形市五日町10番25号
営業時間

 11:30-15:00(14:00LO) 

 火・ 水・木 17:30-21:30(20:30LO)

 金・土・祝  17:30-22:00(21:00LO)

    日 ・祝   17:30-21:00(20:00LO)

定休日  月曜日(祝日の場合は火曜日) 月2回連休有 休日はHP参照
駐車場  有り

場所はわりとわかりやすいです。駐車場は店前と駅側に第2駐車場があります。

スポンサーリンク

伊・食・旬 イガッタのメニュー

今回はディナータイムに伺いました。アラカルトも頼めるようなのですが、ディナーのコースを予約。コースは2名からで予めの予約が必要になります。

引用先:https://igatta-igatta.com/

今回はセコンドが2皿の3300円のコースをお願いしました。

スポンサーリンク

実食

予約しているので席にすぐ案内されます。こちらのお店は駅近くということもあり、予約したほうが無難です。

今回は車で行ったため残念ながらお酒は無し。さっそくコースをはじめてもらいます。

前菜

まずは冷たい前菜として鱸のカルパッチョ

ほんのりとした酸味がスターターとして良い感じです。車でなければなぁ〜と酒飲みのふーさんはここで溜息です。

次はあたたかい前菜。

ミストになっていて、エビとズッキーニのフリットチーズのキッシュリエットののったバケットという構成です。

フリットは揚げたてでサクサク感がありいいですね。キッシュはかなり濃厚な仕上がりです。サーモンとクリームチーズのリエットも濃い目の味です。

最後に生ハムのサラダ

シンプルな感じで、生ハムは塩っけもさほどで、わりとあっさりとした味。

ここまでが前菜と言えそうです。

プリモ・ピアット

サラダのあとにピザがきました。ここからがプリモと呼んでよさそうですね。

マルゲリータですが、台・具材・チーズなどは普通な感じです。もちろん、お宿のバイキングなどのものよりはクオリティは上ですが。

次はしらすとキャベツのぺぺロンチーノ

いかにも春らしい具材の構成ですね。ニンニクも辛味も結構効いていて、大人の味ですね。

セコンド・ピアット

メインは3300円のコースだと、の2品の構成になります。

まずはタラと小柱のめんたいソース

グラタン仕立ての焼き目のついたソースはやや濃いめの味。ソースの下にはタラと小柱が隠れてます。

お肉は牛のバターローストの赤ワインソース

赤身系のお肉のステーキは噛みしめる楽しさがあり、ソースもしつこくないのでコースの締めとしてはいいですね。欲を言えばもう少しお肉の量があれば嬉しいですね。

デザート

デザートはいちごのパフェ

見た目も彩りよく、ソースが2つ使われていたり、素材・具材いろんな味楽しめます。女性陣には好評でした。

感想

ふーさんが食べてみての感想をあげてみたいと思います。

日本人向き:お箸で食べることからはじまり、懐石料理のようなスタイル。1皿のボリュームを抑えて日本人にはちょうどぐらいです。

お酒向き:創作イタリアン懐石とでも言えそうな構成はお酒を飲むにには合いそうです。味付けもあり、ワイン以外のビールなどのお酒でも良さそうですね。

 

山形市で夜にイタリアンのコースで3300円でセコンドを2皿食べられるろころはなかなかないと思います。その分1皿の量は少なめですが、飲みのつまみとしてもいけるかもしれませんね。食事だけでもなく、そういう用途でも使えるお店かもしれません。また、少しづついろんな種類を食べたい女子にもいいでしょうね。

皆さんも一度いかがでしょう?

 

どうも

ふーさんでした!

伊・食・旬 イガッタイタリアン / 山形駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました