" /> 山形市石臼挽き手打ちそば日月庵:蕎麦前充実のお店のそばを食す! | 花屋のふーさんブログ
*本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

山形市石臼挽き手打ちそば日月庵:蕎麦前充実のお店のそばを食す!

こんにちは

ふーさんです!

 

今回はお蕎麦のお店の石臼挽き手打ちそば日月庵をご紹介します。

スポンサーリンク

石臼挽き手打ちそば日月庵の基本情報

石臼引き手打ちそば日月庵は山形駅と霞城公園の間あたりにあるお蕎麦屋さんです。

 石臼引き手打ちそば 日月庵
 TEL  023-643-0822
 住所  山形市城南町2丁目2-8
 営業時間  平日  土曜日  11:00〜15:00 18:00〜21:30 (L.O20:30)

 日曜日         11:00〜15:00

定休日  月曜日(祝日の時は翌日)
駐車場  あり 専用

 

場所はわかりにくいところ。車ならナビが必要だと思います。

駐車場は店の西側の向かいあります。

スポンサーリンク

石臼引き手打ちそば日月庵のメニュー

こちらが石臼引き手打ちそば日月庵のメニュー。

蕎麦は二八十割田舎そばの2種。ちなみに田舎そばは板ともりのみです。

こちらのお店は蕎麦前とお酒が充実していますね。

またランチがあります。

蕎麦に丼ついてボリュームあり値段もそこそこです。

スポンサーリンク

実食

今回は2人でいきましたので天ざるそばランチを頼んでみました。

ランチ

こちらがこの日のランチ

蕎麦はせいろ田舎を選ぶことができます。今回は田舎を選んでみました。田舎は県産蕎麦粉のではかおりの十割です。

こちらが田舎そば

いかにも田舎そばという色や太さの仕上がり。もちろん啜るなんてことはできません。食べてみると硬さはさほどとは思えませんがムニュっとしたもっちり感を感じます。噛み込んでいくと口のなかに蕎麦独特の穀類らしい風味が広がります。素朴なそばがきと細切りのそば切りの中間を思わせるような1品です。

薬味は綺麗な仕上がり。汁は辛くはなく節を感じるもののややあっさり。田舎ならもうすこし強い汁でもよさそうです。

こちらがとりもつ丼

もつと豆腐を煮上げていますが、味付けはかなり薄味です。甘辛く煮詰めた甲州あたりのものとは違いますね。臭みなどはない故の薄味で大丈夫な仕上がりなんでしょうけどね。

お蕎麦につく丼はいろいろ変わるようです。

天ざるそば

天ざるそばはまず天ぷらが配膳されます。

海老2本に野菜。量的には1人前としては十分ですね。揚げ方もわりと良くて野菜などはきちん水分が閉じ込められた塩梅になっています。

その後ざるも配膳。

二八ですのでまずは喉越しを味わえるように細めに切られています。啜ってみるとほどよいコシと余韻で風味が残るぐらい。スルスルと食べ進められますね。

蕎麦前の充実したお店なのでお酒を飲んだあとにこの蕎麦なら〆には良さそうです。

感想

ふーさんが利用しての感想をあげてみたいと思います。

普段着のお店:いつからか蕎麦は高級な食べ物になってしまい、今の山形市は河北町由来の肉そばのお店が多くなってしまいました。

こちらのお店は昼はランチ、夜はお酒も楽しめるお店として気張らずに来店できるお蕎麦屋さんかもしれませんね。なかなか車通勤が多い山形では厳しいですが、山形駅近という立地なら「仕事上がりにお酒を」にも使えそうです。

皆さんも一度いかがでしょう?

 

どうも

ふーさんでした!

石臼挽き手打ちそば 日月庵そば(蕎麦) / 山形駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました